ガジェット

eSIMってなに?手短にわかりやすく簡潔に説明します

どうもHOSHです。

 

みなさんは海外旅行に行った際スマートフォンを利用しますか?

  • Wifiのある場所で使えれば十分
  • 現地に到着してからSIMカードを購入するよ
  • 高額請求されそうだから通信を切ってる

だいたいこんなところでしょうか?

 

実はわたしも先日ひさしぶりに海外旅行へ行ってきました!

最初は現地でSIMカードを購入しようと思ったんですが、せっかく最新のiPhoneだしeSIMを利用してみました!

 

そんなわけで今回は

  • eSIMってなに?
  • どこらへんが便利なの?

といったところを記事にしようと思います。

SIMカードとeSIMについて

みなさんの携帯電話やスマートフォンなんかに挿入されているSIMカードはカードの中に電話回線を利用するために必要な固有のID番号などが記録されています

これがないと電話回線を利用した通話やインターネットを利用することができません。(もちろんWifi環境を利用して通信はできます)

 

一方、今回紹介するeSIMは『カード型ではなく携帯端末そのものに埋め込まれたSIM』のこと。

 

もちろん普通に国内で使用する分にはSIMカードでも問題はありません。

しかし従来のSIMカードは書き換えや上書きができないため、一枚のSIMカードにひとつの電話番号しか持つことができません

そのため、海外旅行などに行って現地の安いモバイル通信を利用しようと思うと、新たにプリペイド式のSIMカードなどを調達するしかありませんでした。

 

これに対してeSIMなら個人でSIMの内容を書き換えることが可能なため、カードを差し替えることなく、複数のSIMを利用することができるというわけです。

eSIMで2回線利用している画像
  • SIMカードは書き換え不可
  • eSIMはユーザー個人で書き換えることができる
  • eSIMを利用して複数のモバイル通信を利用できる

eSIMの利点

これはもう『いちいち挿し替える必要がない』ということに尽きます!

もちろん今なら海外渡航向けのSIMカードが安価で購入できることも知っています。

 

でもせっかくの海外旅行で現地に着いたのに、SIMカード探して、買って、挿し替えてって全然スマートじゃないですよね。

せっかくの限られた時間がもったいない。

 

旅行前に国内で設定して、現地で飛行機が着陸したら即利用可能なeSIMに死角なし。

最新式のeSIM対応スマートフォンを持っているなら利用しない手はありません。

eSIMの利点
  • SIMカードを挿し替える必要がない
  • 国内で設定して現地で即使用可能
  • これぞスマートフォン

eSIM対応機種は?

そんな便利なeSIMですが、国内で流通しているスマートフォンで対応している機種は、

  • iPhone Xs
  • iPhone Xs Max
  • iPhone XR

この3機種のみ。

 

ちなみにこの3機種はデュアルSIM仕様。

これは通常のSIMカードを挿入しながら、eSIMでもう1回線別の契約を持てるというもの。

さきほどの画像で電波が二段に表示されているのはこのためです。

 

一方、海外ではGoogle謹製のスマートフォンであるPixelに搭載されており、これまたGoogleが展開するGoogle FiというMVNOサービスが利用できるようです。

しかし国内版のPixelには搭載されていないようです、残念。

  • 国内では最新のiPhoneにのみ搭載(ホームボタンのないモデル)
  • 海外では徐々に増えているらしい?

まとめ

かなり簡潔に説明したつもりですがeSIMについて理解できたでしょうか?

海外に行ってまでチマチマSIMカードを挿し替えるぐらいなら、国内で設定して現地でサクッと利用できるeSIMは本当にオススメです。

ただし、現状利用できる機種が国内だとiPhoneくらいと限られているのが難点ですが。

 

わざわざユーザーが契約を自由にできるようになる様なeSIMを大手キャリアが推奨するわけもなく。

この辺も普及が遅れている一因なんでしょうかねー。

 

しかし、MVNO業者であるIIJmioがeSIMのサービスを開始するという様な情報もあるので、これから徐々に耳にする機械も増えていくかもしれません。

自転車ブログなんですが、コレ系の話は大好物なので何か有益な情報があればまた記事にしようと思います。

 

関連記事はこちら