メンテナンス

【MUC-OFF製品まとめ】自転車用の洗剤・ケミカルならMUC-OFF

どうもHOSHです。

バイクのメンテナンスに欠かせないのがクリーナーやオイルなどのケミカル類。

特にチェーンやスプロケットなどのドライブトレインと呼ばれる部分は、長い間放っておくと以下の通り大変なことになります。

オイル×(泥+ホコリ+よく分からないもの)×時間=暗黒物質

ひとたびこの暗黒物質(ダークマター)が衣服に付着すると、生半可な選択では決して落ちることはないため、バイクを清潔に保つのはとても大切なことです。

ダークマターは大げさですが、ドライブトレインの汚れを放っておくとチェーンやスプロケットの摩耗を早めることにも繋がるため、定期的なメンテナンスは必要不可欠。

というわけで、この記事ではメンテナンスに必要なクリーナーやケミカルを数多くリリースしているMUC-OFF製品をまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください!

NANO TECH BIKE CLEANER

愛車が汚れたらとりあえずこれをぶっかけると、汚れが分解されるのであとは柔らかいブラシやスポンジでこすって流すだけ。

シンプルかつ頼もしいMUC-OFFの代表選手。

汚れやホコリを顕微鏡レベルで分解する最新ナノテクノロジーで作られているのに、バイクにも環境にもやさしい優れもの。

MUC-OFF製品を試すなら、まずはこれから。

BIKE PROTECT

これは上で紹介したNANO TECH BIKE CLEANERなど、水を使った洗車の後に使用するバイクの保護剤。

塗装部分の保護・艶出しはもちろんのこと、チェーンなどの可動部に使用することで軽い潤滑材の役目も果たします。

愛車の輝きいつまでも、、。

【洗車にひと手間】MUC-OFFのBIKE PROTECTで愛車と末永く どうもHOSHです! 自転車をまめに洗車する人はいても、保護剤にまで気を遣う人はあまりいないのではないでしょうか...

WATERLESS WASH

これは水を使用しないで愛車を綺麗にできると同時に艶出しまで出来てしまうクリーナー。

そもそもはE-BIKE用に開発された様ですが、水を自由に使えない日本の住宅事情にもマッチした逸品。

汚れが少ない場合はウエスなどに吹きかけてからバイクを直接拭くこともできる優れものです。

【水なし簡単】MUC-OFFのWATERLESS WASHで室内洗車してみよう【艶出し】 どうもHOSHです。 みなさん自転車の洗車してますか? しなきゃしなきゃと思いつつも、マンションなどに住ん...

DRIVETRAIN CLEANER

この黄色い液体はチェーンリング、リアカセット、ディレイラー等をを洗浄するためのクリーナー。

真っ黒に汚れたドライブトレインにかけて数分放置後、ブラシ等で汚れをかき出して流すだけで驚くほど綺麗になります。

柑橘系のさわやかな香りがして、自転車もきれいになる魔法の液体。

X-3 DIRTY CHAIN MACHINE

これは見た目の通りチェーンを洗浄するための装置で、上で紹介したDRIVETRAIN CLEANERと併せて使用することで最大の効果を発揮します。

これまで他社製のチェーンマシーンでは汚れの落ちが今ひとつでしたが、こちらのマシーンを使うと細かい汚れまであっさり落ちます。

もしかするとDRIVETRAIN CLEANERの性能によるところが大きいのかもしれませんが、本体もパッケージもかっこいいので、チェーンの汚れにお悩みならぜひ使ってみることをお勧めします。

DRY CHAIN CREANER

パーツクリーナーの様に水を使わずにチェーンの汚れを落とすことができるのがこちら。

独自技術によりパーツクリーナーと比較してより汚れやかすが残りにくいメリットも。

元々はE-BIKE用ですが、水を使えないシチュエーションでのチェーン清掃にも。

【水なしでチェーンを綺麗に】MUC-OFF eBIKE DRY CHAIN CREANER どうもHOSHです。 自転車の清掃で最も手が汚れるであろうチェーンの清掃。 チェーンにはオイルが付...

NO PUNCTURE HASSLE TUBELESS SEALANT

これはチューブレスタイヤの必需品であるシーラントです。

パッケージ自体に目盛りが付いており、シーラントを入れる際に必要な注射器などを必要としないのが非常に便利です。

余分に工具を購入しなくてもパッケージ単体で作業を完結することができます。

【保存版】初心者による初心者のためのチューブレスタイヤの交換 どうもHOSHです。 チューブレスタイヤの交換やったことありますか? 一番利用者が多いであろうクリ...

ブラシセット

バイクの洗車するのには洗剤以外にもスポンジやブラシが必要です。

これはMUC-OFF謹製のブラシセット。

大小5つのブラシがセットになったこちら。

正直言って「デカすぎるだろ!」というものも含まれていますが、ホイールやプーリーまわり用のブラシはなかなかに便利です。

絶対に必要なわけではありませんが、アイテムにこだわる方はぜひ。

まとめ

バイクのメンテナンスに必要不可欠なケミカル類は種類がたくさんあって悩んでしまいますが、MUC-OFF製品であれば性能も環境への配慮もバッチリです。

この他にもたくさんの種類があるため、わたしもすべてを試せているわけではありませんが、新しく購入したものがあればまた紹介しようと思います。

関連記事はこちら