ショッピング

【Crankbrothers】小型携帯ポンプはこれで決まり

北海道は桜シーズン。
しかしどんよりなGW後半戦。

 

わたしもGW前半が激務だったので『後半こそは発散してやるぞ!』と思っていたんですが、朝からシトシトシトシト、、、、。

 

今更ローラーって気にもならず怠惰な一日を過ごしてしまっています。

 

さて昨年出場した野辺山CXの際に使おうと思ったら壊れていた携帯ポンプ。
買おう買おうと思いながらロードシーズンにインしてしまいました。

 

ちなみに野辺山の記事はこちら

野辺山CXにチームで遠征した記録2017終わってからたっぷり2週間以上が経過して、何なら全日本選手権直後のこのタイミングで更新するのもアレなんですが、11月25・26日の二日間...

仲間と走る分には借りればいいんですが、一人ライド中や通勤途中に突然パンクしないとも限らないので新しく購入しました。
完全に見た目と値段で選んだんですが、これがなかなか使いやすそうなのでご紹介します。

Crankbrothers Gem S

f:id:HOSH:20180503200322j:image
クランクブラザーズらしい綺麗なアルマイト!
わたしは赤を購入しましたが、他にもシルバーやグリーンもあるようです。

 

何か比較するものと撮れば良かったんですが、全長は約18センチとジャージのポケットに入れても邪魔にならないサイズ。

 

仏式と米式に対応

f:id:HOSH:20180503200433j:image
f:id:HOSH:20180503200446j:image

先端を外してパーツを入れ替えると仏式、米式それぞれに対応する事ができます。
面倒といえば面倒ですが、それほどコロコロ変える事もないでしょうし、別にアタッチメントの様なものも必要ありません。

 

f:id:HOSH:20180503200514j:image

パッケージ内部に切替方法が書かれたマニュアルも。

 

安心感のあるロックレバー

f:id:HOSH:20180503200608j:image

小柄ながらロックレバーがしっかりしており、動かしやすいのでバルブを痛めてしまう事が少なそう。

 

f:id:HOSH:20180503200623j:image

以前に使っていたものはどうしてもバルブに力がかかってしまい気を使いながらロックしていました。

状況に応じてエアボリューム切り替えられる

f:id:HOSH:20180503200636j:image

本体下部にエアボリューム切り替えスイッチなるものがあり、これをどちらかに回すと本体から出る空気を

  • 高容量
  • 高圧

どちらかに切り替える事ができます。

 

しかもこのスイッチを回した時のカチッという音が結構クセになります。
こういうところってとても大事。

 

余談ですがSramのシフターのクリック感も大好物です!

 

フレーム取付用ブラケットも付属

f:id:HOSH:20180503200823j:image
ボトルケージ台座に固定できるフレーム取付用のブラケットも付属しており、ジャージのポケットやツールケグの中身を減らしたい場合は非常に便利です。

 

f:id:HOSH:20180503200835j:image

また、バンドで固定すると思いきや、ブラケット単体でも固定できるため、うっかりバンドが切れてしまった場合でもすぐに落下してしまうことは無さそう。

 

まとめ

カード会社のポイントがあったのでAmazonギフトに交換して軽い気持ちで購入したんですが、予想以上に良い買い物でした!

 

赤いアルマイトってかなり好きで、カラーについては即決だったんですが、フレームとの相性をもう少し考えれば良かった、、、。

 

今使っているものが使いにくいとか、携帯ポンプを持っていないという方には特にオススメだと思いますので、是非チェックしてみてくださいね!

 

関連記事はこちら